今話題になっている芸能トレンドの裏情報を発信しています。きっと、あなたの知らなかったスクープがあるはずです。

menu

芸能トレンド裏情報.com

ASKAついに逮捕!週刊女性で語った内容記事はウソだった?復帰は絶望?

askaチャゲアンド飛鳥のASKAが覚せい剤取締法(所持)
容疑でついに逮捕されてしまいましたね。
この逮捕は自業自得なのか?
それとも誰かにはめられたものなのか?

大騒動の裏側に追ってみました。

スポンサードリンク

プロフィール

名前 ASKA又は飛鳥涼(本名:宮﨑重明)
生年月日 1958年2月24日
出身 福岡県
血液型 A型
所属 ロックダムアーティスツ

1979年に高校時代からの友人だったチャゲと
チャゲアンド飛鳥を結成し、シングル
「ひとり咲き」でデビュー

そして1991年にフジテレビ系ドラマ
「101回目のプロポーズ」の主題歌
「SAY YES」の大ヒットにより人気を不動の
ものにしたのはご存じのことと思います。

主題歌もさることながらドラマ中、武田鉄矢の発する

「僕は死にましぇん。あなたが好きだから」

の名セリフも流行語になりましたよね。

国民的大スター歌手になったASKAの転落は
どこにあったのでしょうか?

過去に覚せい剤取締法で逮捕された芸能人

今回のASKAの覚せい剤所持だけでなく、芸能界は
薬物依存の体質が広まっているのか過去に
逮捕された芸能人も少なくありません。

記憶に新しいところでは

2009年の押尾学

押尾学

同じく2009年の酒井法子

酒井法子

またまた同じく2009年の小向美奈子

小向美奈子

2007年と2009年の元 光GENJIの赤坂晃

赤坂晃

2010年の元J-WALKの中村耕一

中村耕一

などが今までに覚せい剤取締法違反や大麻取締法違反で
逮捕されてきました。

特に2009年は芋づる式に逮捕が続き、ワイドショーを
連日賑わせましたよね。

なぜこんなにも逮捕されてしまうのでしょうか。

本来なら簡単に入手出来ない薬物が芸能界では
簡単に入手出来てしまうのでしょうか。

業界に蔓延する黒い噂もあるようです。

週刊女性で語った内容記事はウソだった?

今回のASKA逮捕の少し前の週刊女性2014/5/13・20日
合併号にて昨年の8月8日に報じられた下記 週刊文集の
記事について

ASKA 週刊文集

「あれ(薬物報道)には、もうやられたね!」

と関与を否定していた模様ですが結局は
逮捕されてしまいました。

ASKAの薬物依存はかなり前からあったのでは
とも言われており、2001年に出演した
「笑っていいとも!」テレホンショッキングの
コーナーではやつれたASKAの様子をはっきりと
見て取ることが出来ます。

ASKA いいとも

 

ASKA いいとも2

 

ASKAの逮捕はとても悲しいことですが、
万が一本当に過ちを犯していたとしたら
罪を償い、一日も早くファンの前に元気な
姿を見せ復活して欲しいものです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031